アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万円の不労所得を稼ごう。

アフィリエイトで儲からない人にありがちな失敗3つ。

 

f:id:mutr:20190907191954j:plain

アフィリエイトは95%の人が月5000円も稼げないと言われますが、なぜほとんどの人がアフィリエイトが稼げないか?というテーマで書いていきたいと思います。

 1.商品の売り込みのしすぎ

アフィリエイトで失敗する人のほとんどはこれです。

全ての記事に広告を貼り、商品を売り込みすぎているのです。

Amazonや楽天の広告を見境いなく貼っている人いますよね?あんな感じです。

アフィリエイターは「アフィカス」と呼ばれネットユーザーというのは売り込みを嫌います。

飛び込み営業や電話が嫌われるのと一緒ですね。

なので、広告だらけのサイトには魅力を感じず二度と来なくなります。

アフィリエイトで成約を取るには「1つの商品をたまに紹介する」というのが大事なのです。

あれもこれもおすすめされてもユーザーは迷いますから、良いものを1つだけ紹介するのです。

これで成約率は格段に上がります。

 

2.半年以内に辞めてしまう。挫折する。

アフィリエイトというものはすぐに稼げるようになるものではありません。

検索エンジンで上がってくるまで3か月~半年は掛かるので最低限その期間は続ける必要があります。

最初の内はサイトやブログにアクセスが来ません。

数か月は無給を覚悟して作業する必要があるので、そこで挫折して辞めてしまう人が多いのです。

挫折してしまう人はアフィリエイトで稼ぎたいという執着や覚悟が足りていないのです。

収入源をアフィだけに頼るのはわりとリスクが高いです。

アフィリエイトと同時にせどりやクラウドソーシングといった副業もやっておくと良いでしょう。

 

3.ユーザーからの信用が足りない。

アフィリエイトの成約率を高めるには集客→教育→セールスという過程があります。

一番難しいのは集客すると言うことなのですが、教育という過程も重要です。

教育とは商品をセールスする前に、悪く言えば「ユーザーを洗脳する」のです。

ユーザーから信用されるようになればセールスをした時に商品が売れます。

アフィリエイトで稼げていない人の多くはこのユーザーからの信用が足りていません。なので実名顔出しをするというのも信用を上げる一つの方法です。

メルマガを使ってリストを集め反応があった人だけに情報を届け収益を上げる。

このブログで集客しメルマガで教育し収益を上げる方法をDRM(ダイレクトレスポティングマーケティング)といいます。

ブログで商品を紹介するだけではその場限りになるので、リストを取ることが重要と言われています。

アフィリエイトで稼ぐにはこのDRMの知識も頭に入れておくと良いでしょう。

まとめ

アフィリエイトはすぐに稼げるようになるものではないので、試行錯誤しながら地道にやっていくことが大事です。

結局は長年継続してコツを掴んだ人だけが稼げるようになります。