アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

WEBライターになりたい人に向けた文章の書き方講座。

f:id:mutr:20191227184326j:plain

WEBライターになりたい人に向けて文章の書き方を書いていきます。

この記事を読むとWEBラインティングの大まかなコツが分かります。

 

 

必ず結論から入る

WEBライティングは必ず結論から入ることが大事です。曲で言うと最初からサビに入るような感じ。

ネットを見るユーザーはブログ記事を流し読みする傾向があるので、最後まで読んでくれるとは限りません。

ファーストビューに結論を持ってくることによって、問いに対する答えがすぐに分かるようにするのです。

WEBライティングは結論→理由(根拠)の流れが基本です。このようなルールを守ることにより論理的な文章になります。

~の理由は~である。という風にタイトルで先に結論を述べるというのもオススメです。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、そのサービスを消費する架空のユーザー像のことを言うマーケティング用語です。

「誰に向けて記事を書くか」をはっきりさせるとテーマがブレるのを防ぐことが出来ます。

年齢・職業・趣味・年収・出身地など、なるべく詳細にペルソナを設定しましょう。

ペルソナは具体的であればあるほど良いのです。

自分をペルソナに設定して、過去の自分に向けて記事を書いている人もいます。

小学生でも分かるように書く。

ブログというのは難しいことを書かなければならないと思っている人が多いのですが

むしろ、小学生でも分かるように記事を書くことが大事です。

難解な文章は読み手にストレスを与えてしまいます。

WEB記事は大人から子供まで幅広く読まれるので、徹底的に分かりやすさを追求すると良いでしょう。

家族や身近な人に自分のブログを読んでもらうのも良いと思います。客観的な評価が分かります。

感情を動かす文章を書く。

WEBライティングによってお金を稼ぎたいのであれば読者の感情を動かす文章を書くことが重要です。

これを「エモーショナルライティング」と言います。

感情を動かす文章を書きたいのであれば、「本音」を包み隠さず正直に書きましょう。

ブログが書けないという人は、綺麗な文章を書こうとしているからです。

誰も傷つけることの無い綺麗事だけでは誰の心にも刺さりません。

読者によく伝わる文章を書くには、それなりに覚悟も必要なのです。 

箇条書き・行間を空ける

箇条書きをすると文章は読みやすくなります。

WEBライティングのコツは

・必ず結論から入る

・ペルソナを設定する。

・感情を動かす文章を書く

・小学生でも分かるように書く。

・箇条書き・行間を空ける。

 

こういう風に箇条書きでまとめると情報量が多くなります。

箇条書きはブログだけではなく、Twitterで情報発信する時でも有効です。

また、改行が無くてだらだら書かれている文章は非常に読みにくいです。

行間を適度に空けて書くことによって格段に読みやすくなります。

 

最後に

このようにWEBライティングのテクニックは色々ありますが、文章力は書くことによって上達します。

毎日のアウトプット習慣を付けて少しづつライティング能力を鍛えていくことが大事です。