アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

ブログ記事外注のやり方とおすすめのサイトとは?

ブログ記事の外注方法について書いて行きたいと思います。

 

記事外注とは?

記事外注とはブログ記事のライティングを外注して、「代わりに誰かに書いてもらう」サービスです。

ブログを1記事書くのは手間が掛かりますが、外注を使えばすぐに書いて貰うことが出来ます。

外注ライターはSEOに関する知識もあるので、クオリティの高い記事が完成します。

また比較的低コストで外注出来るので、記事を書く手間と時間を短縮できます。

アフィリエイトブログを記事外注だけで作っている人も居ます。

文章を書くのが上手くない人や忙しくてブログを書く暇がない人は外注を使うのがオススメです。

ブログ記事外注のやり方

クラウドワークスというサイトにログインして発注者メニューから

「新しい仕事を依頼」をクリックします。

f:id:mutr:20200210104839p:plain

その後、ライティング・記事作成を選びます。

 

f:id:mutr:20200210105325p:plain

そしてタスクかプロジェクトかを選んで料金を設定します。

ブログ記事の外注はタスクを選ぶと手軽に出来ます。

 

料金設定は他の人の案件を見て決めると良いでしょう。

全体的に文字単価は安めですが、少し料金を高く設定すると応募が入りやすくなります。

私は800~1000文字150円程度で設定していますが、数分~数時間で応募が入ります。

クラウドワークスでは「仮払い」という支払い方法が選べます。

仮払いとは、あらかじめクラウドワークスに報酬を預け。クライアントと契約が成立した時にメンバーに支払いを行うシステムです。 

記事外注にオススメのサイト

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

ライティング、デザイン、エンジニアなど様々な案件を受注・発注出来ます。

会員登録や発注に掛かる手数料が無料でほぼリスクがありません。

【サグーワークス】

記事作成に特化したサイトです。24万人以上のライターが所属しています。

レギュラーゴールドプラチナの3ランクに分けられランクが上がると優遇されます。