アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の収入を稼ぐ

ブログの1記事辺りの適切な文字数はどれくらい?

f:id:mutr:20200313163821p:plain

ブログの文字数どれくらい書けば良いか気になりますよね。

ブログの1記事辺りの適切は文字数はいくらなのか?

ということについて書いていきます。

 

文字数は何文字でも良い

結論から言いますと、文字数は何文字でも大丈夫です。

検索エンジンで上位表示を取る為に長文に拘る人が多いのですが、Googleは文字数で順位を決めていません。

ページの滞在時間、内容、分かりやすさ、画像、独自性。様々な要素で決定しています。

アフィリエイトでも短い文章の方が成果地点が近いので、かえって良いという場合もあります。

なので長くても短くても、自分が書きやすい文字数でOKです。

おすすめの文字数

500文字前後

ブログならちょっと物足りないな..と感じる文字数ですが、 ニュースサイトの記事はだいたい500文字前後で書かれています。 

noteで日記やエッセイを書く時も500文字を目安にして書くことが多いですね。

文章を書くのが苦手な人は、まず500文字を書くことを目標にすると良いかもしれません。

文字数が少なければ、要点を伝えやすいのと完読されやすいというメリットがあります。

800~1000文字前後

私はだいたい1000文字前後を目安にして書いています。

1000文字というのは毎日更新を苦なく続けるにあたって無難な文字数です。

ボリューム的にも長すぎず、短すぎずでちょうど読みやすいはずです。

初心者の人はまずは800~1000文字書くことを目安にしてみると良いでしょう。

検索エンジンで上位表示するには長文が必要だと言われていますが、そんなことはありません。

スモールキーワードを選べば、1000文字程度でも分かりやすく要約されていれば、十分上位表示できます。

2000文字以上

ブログで稼いでいる人はだいたい2000文字以上は書いた方が良い。と言う人が多いです。

1000文字の記事は見る人が見れば、ちょっと中身が薄ぺっらいな..と感じるようです。

ブログ初心者の人が2000文字以上の記事を書くことは結構しんどいはず。

「コンテンツを作る」ことを意識するならば2000文字前後は欲しいですね。

私はボリュームの小さいキーワードしか狙わないので1000文字程度の記事を30分以内で仕上げる方が効率が良いと考えています。 

文章は長ければ良いというわけではない

ブログの文章は長ければ良いというわけではありません。

例えば、読者モデルや芸能人のブログなら50文字以下でもファンは喜びます。

その人のバックグラウンドや背景により適切な文字数は変わります。

長い文章を伝えるには、要約を作るとか読みやすくする工夫が必要です。

だらだらとした長い文章は最後まで読まれませんし、完読されるかが大事なのです。