アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

SEOに強いブログ記事の書き方とは?テクニックやコツを紹介します。

f:id:mutr:20200408143932j:plain

SEOとはSearch Engine Optimizationを略したもので検索エンジン最適化のことです。

ブログのアクセスを増やすにはSEO対策が欠かせません。

SEOに強い記事の書き方を紹介します。

 

 

キーワード選定をする

f:id:mutr:20200408144518j:plain

検索流入を増やすにはキーワード選定をしてタイトルを付けることが大事です。

キーワード選定のコツは需要が高くてかつ競合の弱いキーワードを攻めることです。

需要があってもライバルの強いキーワードの場合、相当サイト構築を工夫しなければ上位表示出来ません。

キーワードツールを使えば、ボリュームや競合が強いかどうかを調べられます。

2語、3語のキーワードを組み合わせてタイトルを付けましょう。

検索意図を考える

ユーザーの検索意図を考えて、キーワードに対する答えを盛り込んだ記事にします。

キーワードから検索意図を考えつつ、ユーザーを悩みに対して解決策を打ち出していきます。

網羅性を持たせるだけでなく、自分の体験なども交えて書くと検索エンジンからの評価が高くなります。

検索意図を調べるには、実際にキーワードを入れてみて上位に来るサイトを参考にすると良いでしょう。

メインキーワードを左寄せに

タイトルを付ける時はメインで狙うキーワードを必ず左寄せにしましょう。

メインキーワードを左寄せにすることで検索エンジンで表示された時、何の記事か一目で分かるようになります。

例えばこの記事の場合、「SEOに強いブログ」というキーワードを狙っているので一番左に置いています。 

ユーザーがついクリックしたくなるようなタイトルを付けるのがコツです。

画像を2、3枚入れる

記事に画像を適切に配置することでページの滞在時間が伸びます。

ページの滞在時間が長ければ、質の高いコンテンツと判断されるのでSEOに有利に働きます。

画像は無料で使えるフリー写真を活用すると良いでしょう。

タイトルに合ったキャッチーな画像を選ぶことが大切です。

youtubeの動画を入れることも同様にページ滞在時間を伸ばすことに繋がります。

見出しタグを適切に使う

f:id:mutr:20200408152319j:plain

H2→H3→H4の順番で見出しを適切に使うことでユーザービリティが良くなりSEOに強い記事になります。

初心者の人は全ての見出しをH1にする人が居ますが、なるべく避けた方が無難でしょう。

文章を書く前にあらかじめ見出しを決めておくと書きやすくなります。

見出しに関連したキーワードを挿入するとSEO効果が得られます。

見出しは多ければ良いというものではないので、必要に応じて使い分けることが大事です。

充実したコンテンツを作る。

f:id:mutr:20200408152836j:plain

文字数を多くする

1記事辺りのボリュームは少なくとも1500~2000文字以上は書いた方が良いです。

1000文字以下の文章だと内容が薄っぺらいと判断されてしまい上位表示することは難しいからです。

長い文章を書くのは最初はしんどいですが、慣れてくれば2000文字以上書けるようになってきます。

だらだら長文を書くのではなく、情報量を多くすることを意識することが大事です。

ランキング、まとめ記事を書く

~選とか~ランキングのようなまとめ記事を書けば必然的にボリュームが大きくなります。

わりと消耗しますが、ゲームや漫画の50選や100選の記事を書くと上がりやすいです。

大きく稼いでるブロガーはまとめ記事ばかり書いている人が多いイメージです。

徹底的に分かりやすく作り込む

1記事を徹底的に分かりやすく作り込むことは大切です。

記事を適当に書けば、コンテンツの質が低くなり検索流入の無い記事になってしまいます。

時間を掛けて丁寧に書くことを意識することでクオリティの向上に繋がります。

今まで書いた記事の中でベストのものを公開するような気持ちで書くと良いでしょう。

 

まとめ

SEOに強い記事を書くことは難しいことではなくコツさえ掴めば、誰でも出来ます。

しっかりとしたコンテンツを作ることが何より大切なのです。