アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

専業アフィリエイターになるメリットやデメリットとは?


f:id:mutr:20200623145644j:image

仕事を辞めて専業アフィリエイターになりたいと思っている人は多いはずです。

専業アフィリエイターになるメリットデメリットを解説します。

 

専業アフィリエイターのメリット

時間や場所が自由

専業アフィリエイターになれば時間的、場所的に自由になります。

PC1台あればどこでも仕事をすることができて、会社に依存せず収入を得ることができます。

アフィリエイターになれば、旅をしながら稼いでノマド的に暮らすことも可能です。

毎日決まった時間に起きたり、通勤しなくて良い自由は何にも変えがたいです。

全部一人でできる

専業アフィリエイターには人間関係がなく、全て一人で完結させることが出来ます。

仕事はもちろん、税金関係まで全て一人で行います。

その代わり成果が出ずに稼げなくても全て自己責任になります。

個人起業家みたいなものなので、自責思考を持つことが大事です。

収入の限界がない

会社員は月20万とか固定給なので貰える金額が決まっています。

アフィリエイトは成果型なので収入の限界がありません。

自分のスキルや実力次第では月に数百万とか稼げる世界です。

アフィリエイトはある種実力が問われる世界なのです。

 

専業アフィリエイターのデメリット

成果を出せなければ無職と同じ

専業アフィリエイターは稼げなければ無職と同じです。

会社員のように正社員の肩書きもないので社会的信用は低いです。

アフィリエイトをやっている人のほとんどは月5000円も稼げないと言われています。

コツさえ掴めばそんなに難しくはないのですが、簡単な副業ではありません。

孤独になりやすい

アフィリエイトの作業は想像以上に地味です。

ひたすらPCに向かってキーボードを打って黙々と作業をします。

会社のように誰かと仕事をするわけでもなく一人でやるので孤独になりやすいです。

一人でいるのが好きじゃない人はアフィリエイターは向いていないかもしれません。

モチベーションの維持が大変

アフィリエイトはモチベーションの維持が大変です。

自由すぎるとだらだらしたり、やる気が起きないことも多々あります。

私は家では集中できないことが多いのでネットカフェにいったりノマドワークをしてます。

SNSやコワーキングスペース等で仲間を作るとモチベーションが続きやすいでしょう。

f:id:mutr:20200623160204j:plain

 専業アフィリエイターになる前に

専業アフィリエイターになる前にまずはブロガーとして経験を積むことをおすすめします。

私はブログを6年以上やっていますが、専業でやり始めたのは4年目くらいからです。

経験を積めばサイトの立ち上げも早くなるので、色々と迷わずに済みます。

1年未満の経験が浅いうちから専業アフィリエイターになると挫折しやすいです。

魅力的な仕事ではありますが、ある程度収益が立ってから専業でやることをおすすめします。

まとめ

専業アフィリエイターは自由なイメージがありますが、実力が問われる世界です。

いきなり仕事を辞めてアフィリエイターになることはおすすめしません。