アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

フリーランスエンジニアの平均年収は?収入を上げる5つの工夫。

f:id:mutr:20200820214940p:plain

年々需要が高まってきているエンジニア。会社員よりもフリーランスの方が、高収入が望めます。

会社員エンジニアの中には、独立してフリーランスエンジニアを目指している人も少なくありません。

フリーランスエンジニアの平均年収と収入を上げる工夫を紹介していきます。

 

フリーランスエンジニアの平均年収  

調査資料や求人データによって、算出する数値にバラつきはあるものの、フリーランスエンジニアの平均年収は約640万円程といわれています。

もちろん、個人の裁量によって年収額は大きく左右されますので、この数値ばかりにこだわりすぎてもいけません。

フリーランスの場合は、本人の能力に比例します。

最新技術の保有と高い開発能力によって、需要は高まり、応じて高い報酬が支払われるといえるでしょう。

 年代別で見てみると20歳台が約700万円、30歳台が約800万円、40歳台が860万円、50歳台が630万円という統計結果があります。

しかし別の調査では、30歳台以下のフリーランスエンジニアでも、年収1000万円以上という結果もあります。

実力があれば年齢に関わらず、高収入を見込むことは可能です。

フリーランスエンジニアが年収upさせるための5つの工夫

1.営業力を磨く  

 フリーランスであれば、自分で仕事を受注しなければならないため、営業力が不可欠となります。

実力があっても、営業力がなければ案件を受注することは難しいでしょう。

そのために自分で商品や技術をアピールできる力を、身に付ける必要があります。

2.仕事を選ぶ  

年収を上げるためには報酬面だけではなく、仕事の効率もとても重要です。

いくら報酬が高い案件でも、内容が複雑すぎて仕事に時間がかかるのであれば割に合いません。
効率的に進められる仕事を取捨選択し、見極める目が求められます。

3.人脈を増やす

フリーランスが仕事を受注する方法で、最も多いのは知人からの紹介というケースです。

過去や現在の取引先、自分の広告宣伝活動からの受注もありますが、圧倒的なのは人脈です。

最近はフリーランスエンジニアの数も少しずつ増えてきており、条件のよい案件などは競争率が高くなってしまいます。

自分の得意とする受注手段を、確立しておくべきでしょう。

4.学習し続ける

 エンジニアに求められる技術は常に変化しており、日々のスキルアップはエンジニアの務めともいえます。

学習を怠れば市場のニーズに適合できず、結果として仕事や収入が減少することは避けられません。

5.積極的に交渉する

フリーランスエンジニアの中には、交渉すると印象が悪くなると思っている人も少なくありません。クライアントから提示された安価な報酬で、案件を受注しているケースもあります。

フリーランスだからといって遠慮する必要はありませんし、印象が悪くなるわけでありません。

積極的に動いて発信していきましょう。

フリーランスエンジニア案件求人サイト

joBeetは専属のスペシャリストが丁寧にアドバイスしてくれます。

キャリアや労働時間、職場環境、収入などの要望や市場価値を判断した上で最適なマッチングを提案。

ユーザー登録は1分で終わるので簡単に無料登録できます。

 

まとめ  

フリーランスエンジニアは平均年収が高く、自由に働けるなどのメリットがあります。

その反面、収入が不安定で保証がないなどのデメリットがあるのも事実です。

それらを充分に考慮した上で、『働き方』を選べるといいでしょう。