アフィリエイトで不労所得

アフィリエイトで月10万の不労所得を作ろう。

WEBライターとブロガーはどっちがおすすめ?違いを解説。

f:id:mutr:20210217145934j:plain

WEBライターとブロガーはPCで文字打ちされ出来れば誰でもなることが出来ます。

筆者はWEBライターとブロガーどちらもやったことがありますが、

両者の違いやどちらがおすすめなのか?を解説していきたいと思います。

 

WEBライターとは?

WEBライターはクラウドソーシング系のサイトでブログ記事のライティング案件を受注して、仕事をします。

文字単価は0.1円~3円まで様々ですが、スキルや経験に合わせて単価を高めることが出来ます。

初心者でもクライアントの指示に従って、文章を作成すれば、非承認になることは少ないと思います。

クラウドソーシングサイトは、クラウドワークス Craudiaクラウディア 等があります。

 

 

ブロガーとは?

ブロガーは自分の知識や価値観などを発信して、記事に広告を貼ったりして収入を得ます。

主にGoogleアドセンス、ASPアフィリエイト等がメインになります。

ブログの強みはSEO(検索エンジン最適化)が効いてGoogleから集客出来ることです。

検索エンジンで上位表示出来れば、放置していてもアクセスが集まります。

WEBライターのように文字数等の制約が無いので、自由に記事を執筆できます。

 

WEBライターとブロガーの違い

WEBライターが労働者だとしたらブロガーは経営者です。

 

ライターは書いた記事が自分のモノにならずに、委託した側のモノになります。

その代わり、クライアントから報酬が支払われます。

文章を書く労力や時間を切り売りして、給料を貰うようなイメージです。

 

ブロガーは書いた記事が自分の資産となり、ネット上にストックされて価値を生み続けます。

ライターと違い、ジャンルやビジネスモデルを考えてサイトを構築できます。

ブログは成果が出なければ0円なので、ある意味実力が重視される世界です。

 

WEBライターは誰かの手伝いをする労働者で、ブロガーは自分で仕組みを作る経営者です。

 

WEBライターとブロガーはどっちがおすすめ?

私的には断然ブロガーがおすすめです。

 

WEBライターは記事を納品すれば、すぐに報酬を貰うことが出来ます。

即金性は高いですが、記事を書き続けなければ収入が無くなります。

正直ライターは労力のわりに単価が安いので、文章を書くのが相当好きじゃなければおすすめしません。

私はWEBライターに1記事150円で外注することがよくあります。

自分が知らないジャンルの記事を書くのは大変なので、外注は便利なのです。

 

ブロガーは記事を書いてから成果が出るまで時間が掛かりますが、記事が資産になるので、徐々に運営が楽になります。

一度サイトを完成させてしまえば、働けなくなっても収入が途絶えることはありません。

ブログは継続することが大事なので、長期目線で運営していくことが大切です。

 

WEBライターとブロガー両方やるべき理由

どちらにしてもWEBライターだけをやるというのはおすすめしません。

WEBライターがブロガーをやるメリットは、

・ブログ経由で仕事が受けられる

・ワードプレスの知識が身に付く

・SEOが理解できる

・収入源が増える

 

等のメリットがあります。

文章を書くという点では同じなので、個人ブログは持っておいて損はないでしょう。

ブログ経由でライティングの仕事を受けられる場合もあります。

 

最初はWEBライターでSEOや記事の書き方を学んでからブロガーになるというのもアリです。

雇われのWEBライターだけをやるのは勿体無いと、私は思います。

 

まとめ

 WEBライターとブロガーなら断然ブロガーをおすすめします。

人によって適正はあるので、両方やってみて自分に合う方をメインにやりましょう。